屋久島旅行記(1)

屋久島へ出発

最初のページ

2004年5月16日

出発前に釣具をヤマト便で送ったのだが、今回は3日かかってようやく屋久島の民宿に着いた。宅急便なら最悪でも2日目だが、ヤマト便の場合は安い分、次の日に着くとは限らないので注意が必要だ。3個で約25キロの荷物が2,280円(任意保険料200円込み)は安いけどね。

さて、出発である。でも、夜中まで仕事をしていたから屋久島に飛ぶのが信じられないような気分だ。向こうではインターネットに繋げるのだろうか? 民宿いわかわ(つり具の岩川)さんは、予約したとき、水道管が壊れてパソコンが濡れちゃったなんて言ってるし・・・これから雨も降りそうだし・・・果たしてどうなることやら。

とにかく屋久島の情報ってのは、まだまだインターネット上に大した記事がないわけで、今回は屋久島北辺のカヌーツーリング(ウミガメウォッチング)を記事にしたいのだけれども・・・今週はずっと曇り時々雨という予報になっているからして、それもどうなることやら。しかし、ルアーで巨大ダツが釣れているという情報もあり、これはけっこう面白いかもしれない。

空弁の鯖寿司

羽田でイチバン売れている空弁(そらべん)

いつもは ANA の超割で四国へ行くのだが、今回は久々に JAL を利用した。あるねあるねー。噂によると、この「若狭の浜焼き鯖寿司」が人気の“空弁”なのだとか・・・。焼き鯖寿司というのは何も若狭だけのものじゃなく、高知県の土佐清水港に揚がる清水サバの焼き鯖寿司も有名だ。宿毛(すくも)で御馳走になった焼き鯖寿司は旨かったよ。ちょっと食べてみたくなったが、鹿児島空港で待ち時間があるのでここは我慢しよう。

雨の羽田空港

雨の羽田空港

羽田の天候は雨。行き先の鹿児島空港も雨らしい。まだ5月中旬だというのに、2, 3日前から梅雨入りかと思うような天気だ。ちょっと屋久島観光には向かない時期だったかな。ただでさえ「月に35日雨が降る」と言われる屋久島だからね。

JAL1865便 東京羽田 9:05発 → 鹿児島 10:45着

機種は A300 だった。雨で15分ぐらい遅れたかな。到着した鹿児島空港は土砂降りで景色なんて何も見えない状態だった。しかし・・・

縄文杉

鹿児島空港にある巨大写真パネル(縄文杉)

いきなり鹿児島空港で縄文杉とご対面。このパネル写真に登山の恰好をした自分を合成すれば縄文杉を見に行ったことになっちゃうね。パネルの高さは吹き抜けになっているロビーの2階まであった。

『ヨシ! これで縄文杉をクリア』(元々歩く気がないので大助かり)

白谷雲水峡

鹿児島空港にある写真パネル(白谷雲水峡)

『ヨシ! これで白谷雲水峡もクリア』(元々釣り以外で山に入ったことなどない)

これこそ「究極のエコツアー」でしょ。アタシは鹿児島空港で黒豚トンカツと地ビールの昼食をとり、ようやく旅気分にひたることができた。さあ、次ページでいよいよ屋久島に上陸だ。