屋久島旅行記(1)

予備知識

最初のページ

2004年3月16日

今日は JAL のバーゲンフェアを利用して鹿児島行きのチケットをインターネット予約した。羽田・鹿児島間の往復が22,200円、鹿児島・屋久島間の往復が22,880円(通常料金)だった。鹿児島・屋久島間にはバーゲンフェア料金の設定がないのだ。

屋久島は世界遺産に指定されるほど自然環境に恵まれた島である。まず面積だが、北海道、本州、四国、九州以外の島を面積でランキングすると9番目。

  1. 択捉島(北海道)
  2. 国後島(北海道)
  3. 沖縄島(沖縄)
  4. 佐渡島(新潟)
  5. 奄美大島(鹿児島)
  6. 対馬(長崎)
  7. 淡路島(兵庫)
  8. 天草下島(熊本)
  9. 屋久島(鹿児島)501平方キロメートル
  10. 種子島(鹿児島)

ちなみに北海道で一番高い山は大雪山系の旭岳(2,190m)、四国で一番高い山は石鎚山(1,986m)、九州で一番高い山は屋久島の宮之浦岳(1,935m)だ。

ついでに話のネタを紹介しよう。北海道に利尻島という島があるね。「リシリ」の「リィ」とはアイヌ語で「高い」。「シリ」とはアイヌ語で「島」を意味する。だからリシリは「高い山のある島」という意味なのだ。

でも、利尻富士として親しまれる利尻山は1,719mなので宮之浦岳にはかなわない。2,000m級の山が海からそびえ立っている様を想像すると背筋がゾクッとするね。

ウミガメについて

ウミガメについては漁魔が行く(ウミガメ編)を読んでほしい。徳島県の日和佐というところに行ったとき書いたものだが、これを読んでから屋久島へ飛べばガイドも舌を巻くぜ!