レトロ専科

Technique-1

トロールリング・スピードについては前ページで書きましたが、実際にトローリングでマスを釣る方法はこのページで紹介しようと思います。簡単に言い切ってしまうなら、「魚探で魚のいるタナを見つけて、そこへルアーを送り込んでやればいい」となるのですが、その単純明快なことがなかなかできないのでテクニックが存在するのです。

風向きや水流によって体感スピードが狂ってしまうため、正確にルアーを目的のタナに送ることは至難の業です。これを克服するには経験が何より物を言うのですが、この文章はレイクトローリング未経験者にもわかりやすく書くのが目的なので、順序立てて詳しく説明していこうと思います。

芦ノ湖の場合、レイクトローリングと一口に言っても、レッドコアラインを使うトローリングとヒメマス狙いのヒメトロ(ペラ釣り)の2種類があります。仕掛けの違いや用具の説明は Tackles に書いたので、あとで見てください。

それでは、最初にレッドコアラインを使ったレイクトローリングを解説しましょう。

0. 段違いトロール

これは基本中の基本、テクニック以前の問題なので0番としました。(ロッドを2本使用することを前提に話を進めます)

例えば、一方のロッドはレッドコアライン2色(20ヤード)、もう一方は4色という具合に段差を付けてタナを探ります。そして1匹目が釣れるまではこまめに長さを調節していき、1匹目が釣れたら1本は釣れたタナに固定、もう1本は釣れたタナの少し上か下をさらに探ってみます。

これは魚探に頼らなくてもできるので、小遣いの都合で魚探を買うか、2本目のロッドを買うか、どちらか1つという人がいるとすれば、先に2本目のロッドとリールを買い揃えることをオススメします。

魚探よりもロッド2本の方が絶対お得でしょう。そんなに高いロッドでなくてもかましません。とにかくロッドの数を多くして、少しでも早くヒットルアーやヒットするタナを調べることが大事なのです。

1. ジグザグ

大体ルアーがタナに送り込まれている時はこのテクニックを使います。ジグザグ航行している時は内側がスピードダウンして沈み、外側はスピードアップして浮き上がるので、ルアーの動きに変化がつくわけです。

このとき、特に外側のロッドに注目しましょう。マスは沈んでいくルアーより、浮き上がっていくルアーの方に強い関心を示すので、外側のロッドにヒットします。

2. 急旋回

観光船を避けようとして、スピードアップしながら急旋回したら偶然釣れちゃった。こんな経験を持つレイクトローラーは多いでしょう。Tomy もそんな経験を何度かしたことがあります。そこで、『これは使えるな』と思い意識してやるようになりました。

この方法は岬の先端や急なカケアガリでやると効果があります。岬先端の馬の背や急なカケアガリの斜面にレッドコアインをこすりつけるように曳いていき、根掛かりギリギリのところを見計らって船首を沖に向け、一気に加速するのです。

この方法は根掛かりギリギリの際どいワザなので、水中の地形が頭に入っていないとうまくいきませんが、成功すればデカイ魚を手にできるかもしれません。岬の先端に他のボートがいない時がチャンスなので見逃さないように。

この作戦を小杉ノ鼻でやったら、47cmのイワナを釣ることができました。ルアーは確かミノーでしたね。(以前はイワナの放流もあったんです)

3. スピードの変化

これは魚探で大きな魚群やスーパーサイズを見つけた時に行うテクニックです。魚探に魚影が映ったら、頃合いを見計らってスロットルをブンブン吹かし、ルアーを浮き上がらせて誘いをかけます。

それから、逆にスピードをわざと落とすこともあります。それは狙っていた深度より魚群が下にいた場合で、そういう時は一旦スピードを落としてルアーを沈め、頃合いを見計らってスピードアップします。

これがウマくいった時は『やったね』という感じですよ。見えない魚を見ながら釣っている感覚がこたえられません。まさにこれがトローリングの醍醐味だと思います。

4. 根掛かり寸止め

これは底が平坦な所で底スレスレを狙うテクニックです。芦ノ湖の場合、飯塚沖〜七里ヶ浜あたりでやるといいでしょう。このあたりは底にいい型の魚がいることが多いので、どうしても底スレスレを狙う必要性があるのです。(魚探がどうしても必要)

このあたりの湖底には水深10メートルぐらいまで水草が生えているので、根掛かりしても簡単に外せる場合が多いです。注意すべきことは、時々ルアーを点検すること。ちょっとでもフックに水草がからまっていると魚は釣れません。

なお、飯塚沖では魚の他にも様々なモノを釣ったことがあります。ルアー、ワカサギ竿、ビクなど、けっこう使えるモノが釣れたりするので、ルアーの代わりに強力な磁石を付けたら面白いかも…

5. 狙い撃ち作戦

この作戦について書かれた本は見たことがありません。それもそのはず、Tomy のオリジナルなのです。この作戦を使う場所は緩やかなカケアガリが適していると言えるでしょう。<七里ヶ浜、樹木園、マリーナなど>

まず、使用するルアーは小型のフローティング・ミノーを選びます。そして、魚が底近くにいるところを魚探で見つけておき、岸の近くにルアーを放り込みます。(と言うより置いてくる)ルアーはドジャーの重みで湖底に達しますが、フローティングなので根掛かりはしません。

準備ができたらゆっくりとボートを進め、ボートのスピードよりやや速く、手でラインを送り出してやります。十分にラインを出し終えたらいよいよ作戦開始。

徐々にボートのスピードを上げてラインを底から浮き上がらせてやリ、さっき見つけておいた魚群に突っ込ませればオッケー。ドジャーの代りに10グラムのタスマニアデビルを使うのも効果的です。だまされたと思ってやってみてください。(但し、根掛かりしても責任は負いかねます)

6. リーリングと取り込み

最後に、リーリングと取り込みについての注意点をいくつか書いておきます。(いろんな失敗をしてきた経験者は、かく語りき)

7. 大物が掛かったら