レトロ専科

Rod

Tomy が最初に手に入れたのロッドは UMFFLT-100M でした。このロッドはファイバー・グラス製で、18ポンドのレッドコアライン5色〜10色に適合するアクション。つまり、水深10メートル前後をトロールするのにちょうどいいロッドです。

でも、10メートル以内を狙うことが多いので、このロッドだけでは物足りませんでした。どうしたかというと2本目は自作に挑んだのです。トローリング用のロッドを作るのはキャスティングロッドを作るほど難しくありません。古くなって使っていないグラス・ロッドがあれば廃物利用ができます。(振出竿は不可)

TACKLE CRAFTTomy の場合は子供のころ親に買ってもらった投げ竿を素材に使ったのですが、これが意外にうまくいってお気に入りのロッドになりました。

2.7mでオモリ負荷15号の投げ竿のガイドを全部取り払い、富士の SRC ガイド(胴突き用のセット)を7つ装着。竿巻き用の補修糸とレジン系の接着剤(FLEX COAT)を使って作ったものです。

みなさんも安いチョイ投げ竿が物置に眠っていたら改造してみてください。カーボン含有率が低いほどいいでしょう。製作費は5,000円ぐらいで済むと思います。

この自作ロッドは3〜10メートルのかなり広い範囲に適合するロッドに仕上がりました。(自己最高のレインボー68.5センチはこのロッドで釣ったものです)

ロッドを自作する際に注意することは、ガイドの間隔だけ。ラインを通して負荷をかけた時に、なるべく綺麗な放物線を描くように仮留めしましょう。その辺のことは TACKLE CRAFT(CBSソニー出版)に詳しく書いてあったのですが、チョット古い本なので他のを見つけてください。

その他にも、今は2本の竿をトローリング用として使っています。そのうちの1本、HARDY LAKER-1 は非常に柔らかいロッドで、表層〜7m位を狙う時に最高のアクションです。このロッドはグラス・ロッドで、かなり高価でしたが、製造中止になる前に買って良かったと、つくづく思います。

しかし、今は手に入らないので、代用品を紹介しましょう。Mamiya-OP から出ているテクスターコブラ(マダイ用)というロッドが非常に似ています。(グラス100%、適合オモリ30〜60号)朱塗りのような赤いロッドですから、湖上でみんなの注目を浴びるでしょう。販売店で是非触ってみてください。これで魚を掛けると非常に面白いです。

あと、もう1本の現在使用中ロッドは、鯛釣り用の船竿です。オモリ負荷30〜60号の鯛竿は水深10m前後に適合し、ヒメトロにも使えます。(80号以上のオモリ負荷に耐える竿はヒメトロか15メートル前後の深場専用)

最近のマダイ竿では Ryobi の海征マダイというロッドがオススメできそうですね。DB ガイド(楕円ガイド)の採用で穂先にラインが絡みにくくなっているのです。また、ロッドの素材もカーボン30%、グラス70%ということで、反発力と粘りを兼ね備えた理想に近い曲がりでした。

まあ、ざっと Tomy のロッドをご紹介したわけですが、ロッドにはそれほどこだわらなくてもいいでしょう。硬すぎるロッドは適応範囲が狭いので良くないということだけ頭に入れておけばいいと思います。

『若干ロッドの曲がりが足らないかな』という時は大きめのドジャーに付け替えることでしのげるし、その逆にロッドがラインの抵抗に負けている時はドジャーを小型のモノに付け替えるか、タスマニア・デビルに替えてしまえばいいのです。(詳しい解説は Lure-2 のところを見てね)

なかなか広い範囲に適合するロッドは少ないので、凝りだせば複数のロッドを季節によって使い分けることになるでしょう。節約するためにはロッドを自作したり、フライロッドや鯛竿の転用をすることをオススメします。

最後に、Tomy の友人が使っている Trout Troll というロッドについて書いておきます。このロッドはなかなかのアクションで、UMF の FLT100M より広い範囲に適合している感じでした。最初に買うならこれがいいかもしれませんね。