レトロ専科

Reel

10000CL左の写真は ABU(Sweden)のアンバサダー 10000CL です。これは Tomy の愛用リールですが、18ポンドのレッドコアライン100ヤード+30ポンドのバッキングライン100mが余裕で巻けるライン・キャパシティーがあり、とても頑丈です。

少々高いですが、一生物と考えれば買って損はないでしょう。今はレッドコアラインを継ぎ足して、18ポンド・レッドコアライン120ヤード + 30ポンド・バッキングライン20ヤードの組み合わせで使っています。

その他に Tomy が持っているトローリング用のリールとしては、同じく ABU のアンバサダー6500C、同じく7000。それと Shimano のチタノス船 GT3000があります。

6500C は12ポンドのレッドコアライン100ヤード+30ポンドバッキングライン30mの組み合わせで使っています。春は12ポンドがオススメですよ。

なお、7000クラスに18ポンドのレッドコアラインを10色入れるとバッキングがまったく巻けません。芦ノ湖の場合は10色全部出すことがまれなので、1色切って代わりに使い古しの PE ラインでも入れておきましょう。

あと、Shimano チタノス船 GT3000 は、とても気に入っています。12ポンドのレッドコアライン専用として使っていますが、軽い上に完全な平行巻きができて、ABU よりラインの巻きムラがないのです。耐久性は ABU より劣りますが、ドラグの性能やレベル・ワインダーの性能は合格点でしょう。

今でも Shimano のカタログに載っているので、注文すれば手に入れることができます。(定価:8,700円)

*

レイクトローリング用のリールに求められる条件としては、まず太いレッドコアラインを十分に巻けるライン・キャパシティーがあること。次に大事なのはクリック機構が付いていることです。最近の船釣り用リールはクリック機構が付いていなくて残念ですね。もし、クリック機構が付いていれば安価で軽いリールを使えるのに、付いていないのが普通になってしまいました。

クリック機構がどうして重要だか知りたいですか? まず第1に、ラインをガイドに通す時、クリックをONにしておくとリールに巻いてあるラインがバラケません。第2に、小さい魚がかかった時でも“カリッ”と音がするので鈴を付けなくて済みます。(鈴をロッドに付けるとトラブルの原因になりかねないし、猫みたいでカッチョワルイですよ)

そして、最大の理由はデカイ魚がかかった時カッチョイイ音がすること。何と言っても釣りはフィーリングが大切ですからね。これでおわかりかな? クリック機構が必要な理由。

…というわけで、リールの解説はおしまいです。あとは自分の財布の中身と相談して決めてください。