漁魔が行く-09(ウミガメ編)

Caretta caretta

1/11(全11ページ)

2000年3月17日

漁魔はJR日和佐駅の方へ行ってみることにした。

日和佐の紹介(FLASH)

『ウミガメが来る町・・・うーん、これは面白そうだ。ちょっと大浜海岸でも見てこようかね。

それではまず、アカウミガメが産卵しに来るという大浜海岸の風景を QTVR で見てみよう。

大浜海岸の眺めはいかがだったかな? この海岸はアカウミガメ(学名:Caretta caretta)が産卵に来る場所として有名なんだ。

日和佐町の他にアカウミガメが産卵しに来る場所は・・・

屋久島の田舎浜。鹿児島県の吹上浜。宮崎県の宮崎海岸。徳島県の蒲生田海岸。和歌山県の千里海岸。愛知県の知多半島、渥美半島から静岡県の御前崎にかけての遠州灘海岸。南西諸島など。

しかし、どこの海岸でもカメの上陸が減って、将来があやぶまれている。特にアカウミガメにとって、北太平洋での産卵場所は日本しかないのだ。日本人の責任は重い!

さて、それではまず、みなさんに“うみがめクイズ”をやってもらおう。(気が短い人もいるだろうから、間違えてもクイズは続行できるようにしてある)

うみがめクイズ(FLASH)

ウミガメ博士認定書は出たかな? そこに「ウミガメだけでなく、地球上の美しい自然を大切にしなければならないことをみんなに教えてあげてください」と書いてあるよね。

漁魔はウミガメクイズに全問正解したので、ウミガメ博士になった。だから、自然環境の大切さをみんなに教えなばければならない。博士号をもらったからには責任を果たさなければイカんのじゃ。当分釣りの話にならないが、最後までおつきあい願いたい。