WBC総評

王ジャパンはツイていた

2006年3月21日

WBC決勝戦の最後を締めくくった大塚晶則(おおつか・あきのり)投手のブログが更新されています。

Yosshaa Blog

なんか、自分がやったことじゃないような気がします。まだ実感が沸かないというか、そんな大それたことをした感覚がないですね。

そうでしょう、そうでしょう。アタシも同感です。今回はルールと審判に助けられました。メキシコ戦で例の審判が誤審をしていなかったら、日本は準決勝に進めなかったかもしれません。

メキシコの選手はアメリカ戦の前日、ディズニーランドで遊んでいたんです。これが日本選手だったら非難ごうごうでしょう。メキシカンはラテン系ですからね。自分のチームに準決勝進出の望みがなくなったら、プッツンしたと思うんです。

ところが、あの審判(ボブ・デービッドソン)がホームランを2塁打と判定したおかげで、メキシコチームのキレかかった気持ちにアロンアルファが注がれました。9回の大ピンチを一人一殺の継投でしのいで、最後は見事なダブルプレー。あれは「勝ちたい」という気持ちの差でもぎ取った勝利です。あんなチームプレーは気持ちがキレていたら絶対できません。

そして準決勝。普通は1組の1位と2組の2位が対戦しますよね。ここで「アメリカが確実に決勝進出するためのルール」が日本に味方しました。パク・チャンホ(ドジャース)は投球数規定で出られない。150キロを超える速球とスライダーが武器のパク・ミョンファンは、なんとドーピング違反で出場できず。もう、この試合は戦う前から日本有利だったと言えます。

ドーピング検査はWBC開催前と開催中に実施し、開催中は任意の試合で各チーム2人を選び、試合後に行っている。

もし、準決勝が同組同士の対戦でなかったら、日本は準決勝でドミニカと対戦していました。ドミニカはメジャーリーグの中心バッターがゴロゴロいるチームです。おまけにサイヤング賞投手のバートロ・コロン(エンゼルス)もいる。キューバに7-3で勝ってるところをみると、ドミニカの壁を突破するのは、かなり難しかったでしょう。

そして今日の決勝。キューバはドミニカとの準決勝をヤデル・マーティ投手とペドロ・ラソ投手のふたりで投げ勝ってきました。実はこのふたりがキューバの No.1 と No.2。今日は投球数規定のせいでふたりとも出られませんでした。おそらく、ふたりのうちひとりでも出られたら初回の4点はなかったでしょう。

ということで、準決勝と決勝は天が日本チームに味方しました。もちろん「ツキも実力のうち」ですけどね。今、王監督がパチスロをやったらワケわかんないうちに万枚出しちゃうんじゃないかな? いや、ホント。それぐらいツイてたんですよ。

王「ここらで一発ほしいなぁ」

福留「監督、入ってますよ。代打ちしましょうか?」

王「そう? じゃあやってくれる?」

ジャキーン! 777

イチロー「監督、また入ってますね」

王「ホント? じゃあやってくれる?」

ジャキーン! 777

王監督は本当に強運の持ち主ですね。それと同時に誰からも尊敬される偉大な人物です。イチローも言ってたけど、王監督の品格は是非見習いたいと思いました。あれぐらい品が良ければツキまくっても誰もひがみませんから。

国家の品格

「国家の品格」(新潮新書)
アタシも読むつもりでーす