Movies

2005

A+:大満足の最高評価。(拍手喝采!)

BATMAN BIGINS / NANA

A:かなり気に入った。

オペラ座の怪人 / ボーン・スプレマシー / アイランド / ALWAYS 三丁目の夕日 / 男たちの大和 YAMATO

A-:思わず唸った。

サイドウェイ / ミリオンダラー・ベイビー / SHINOBI / 春の雪 / TAKESHIS' / キング・コング

B+:なかなか面白い。ここまでがオススメ。(1,800円級)

ネバーランド / Ray / Shall we Dance? / コンスタンティン / 戦国自衛隊1549 / スターウォーズ・エピソード3(シスの復讐) / Be Cool / ファンタスティック・フォー / チャーリーとチョコレート工場 / 私の頭の中の消しゴム / Mr.&Mrs.スミス / SAW2

B:入場料を払っても惜しくないと思った。(1,500円級)

カンフー・ハッスル / 北の零年 / セルラー / ローレライ / アビエイター / ナショナル・トレジャー / インファナル・アフェア3 / 交渉人 真下正義 / 亡国のイージス / シンデレラマン / タッチ / この胸いっぱいの愛を / シン・シティ / ミート・ザ・ペアレンツ2 / 大停電の夜に / ザスーラ

B-:まあまあ。(レイトショーの1,200円級)

ステップフォード・ワイフ / あずみ2 / ハルウララ / ザ・インタープリター / 宇宙戦争 / 容疑者 室井慎次 / ランド・オブ・ザ・デッド / ドミノ / ハリー・ポッターと炎のゴブレット / 親切なクムジャさん / SAYURI

C+:まあまあだけど、ちょっと残念な部分があった。あるいは、「お暇なら」だけど、ちょっと面白い。

アレキサンダー / ロング・エンゲージメント / 逆境ナイン / イントゥ・ザ・サン / ディック&ジェーン 復讐は最高!

C:お暇なら。(映画の日の1,000円級)

レイクサイドマーダーケース / ブリジット・ジョーンズの日記(きれそうな私の12ヶ月) / ハイド・アンド・シーク / MAZE 南風 / あらしのよるに

C-:どうしようもなく、お暇なら。

レモニースケットの世にも不幸せな物語 / 蝉しぐれ / エリザベスタウン / フォー・ブラザーズ

D:なんじゃこりゃ?(好きな人もいると思うけど)

ステルス / 奇談

E:途中で寝ちゃうぐらい時間の無駄。

ブラザーズ・グリム

F:金返せコノヤロー!(大ブーイング)

オーシャンズ12


BATMAN BIGINS:A+

とにかく、これは観るっきゃない。

06/21

NANA:A+

日本人にしか作れない良さがあった。

10/06


オペラ座の怪人:A

ファントム役の俳優が美声だったら申し分なかったんですけどねー。

02/01

ボーン・スプレマシー:A

今までにないカーアクション。これだけでも観て損はない。

02/15

アイランド:A

過去に観たことがあるシーンが多いとはいえ、どれもクライマックスの美味しいところだからヨシ!

08/19

ALWAYS 三丁目の夕日:A

うわぁー、これ見覚えあるぅー。懐かしぃー! やっべー、目頭が熱くなってきた。あーあ、とうとう後ろのオバサン泣きだしちゃった。…とまあ、そんな映画である。

11/29

男たちの大和 / YAMATO:A

今までの戦争映画とは、ひと味違う。

12/19


サイドウェイ:A-

何とも言えないラストシーンがお見事。

03/23

ミリオンダラー・ベイビー:A-

自分の人生を見つめ直すキッカケになるかもしれない。本当に渋い映画だった。

06/03

SHINOBI:A-

芸術点が非常に高い。

09/30

春の雪:A-

実に文学的な見せ方をしてくれる。

11/15

TAKESHIS':A-

ジャンル分け不能の新感覚。

12/01

キング・コング:A-

映像は今年イチバンだろう。

12/20


ネバーランド:B+

映画館で観るべきスペクタクルはないが、じわっと涙がこぼれる感動的な話だ。

01/19

Ray:B+

天才は打ち出の小槌なんだよ。

02/02

Shall we Dance?:B+

オリジナルがどれだけ良かったかを再認識する人が多いかも。

04/24

コンスタンティン:B+

特に愛煙家の人にオススメしたい映画。

05/13

戦国自衛隊1549:B+

少なくとも映画が終わるまではタイムトラベルの破綻に気付かなかった。

06/16

スターウォーズ・エピソード3(シスの復讐):B+

今までスターウォーズを観たことがない人にとって、エピソード3は最高のプレゼント。

06/26

Be Cool:B+

音楽とダンスがとても気に入った。

09/09

ファンタスティック・フォー:B+

この映画最大の見どころはジェシカ・アルバの可愛さだと思う。

10/05

チャーリーとチョコレート工場:B+

ジョニー・デップは、またしても前回の役と似ても似つかない別人だった。

11/05

私の頭の中の消しゴム:B+

韓国を客観的に見られる韓国人が作った映画。

12/06

Mr.&Mrs.スミス:B+

ド派手なアクションと2大ハリウッドスターの競演。

12/06

SAW2:B+

最後に仕掛けられたどんでん返しはソウテイ外。

12/07


カンフー・ハッスル:B

特に序盤が面白い。前作【少林サッカー】とのつながりは最初だけ。

01/03

北の零年:B

この映画は語り明かせるぐらい内容豊富、かつツッコミどころ満載の作品だから二人以上で観に行くべき。

01/20

セルラー:B

「毎分30リットル」のシーンがちょっと驚き。

02/28

ローレライ:B

面白いけど漫画的すぎた。

03/08

アビエイター:B

レオナルド・デカプリオのファンは観てください。

03/29

ナショナル・トレジャー:B

気軽に見られる宝探しアクション。

03/31

インファナル・アフェア3:B

一作目を見ると、その後どうなったのか知りたくなるんです。オチを知る価値はあるので、第一作を見た人は迷わず見てください。

04/20

交渉人 真下正義:B

ツッコミどころを満載した謎の列車が東京の地下を走るんです。

05/12

亡国のイージス:B

理解に苦しむシーンがあり、結局そこが引っかかって評価 B 止まり。

08/12

シンデレラマン:B

アカデミー賞を取るとしたら、ポール・ジアマッティの助演男優賞が有力か?

09/19

タッチ:B

長澤まさみがカワイイのです。

09/27

シン・シティ:B

究極のバイオレンス映画かも。

10/09

この胸いっぱいの愛を:B

「もし20年前にタイムスリップできるとしたら・・・」というファンタジー。

10/20

ミート・ザ・ペアレンツ2:B

アメリカでは史上 No.1 コメディーに輝いた映画。

12/03

大停電の夜に:B

『キャンドルライトも、たまにはいいもんだ』と思えてくる。

12/05

ザスーラ:B

これを観て喜ばない子供なんて、かわいくないから捨てちゃえ。

12/15


ステップフォード・ワイフ:B-

この映画の見どころは、一にも二にもニコール・キッドマン。

02/08

あずみ2:B-

これは上戸彩のファンムービーです。

03/15

ハルウララ:B-

ハルウララの引退レースがあれば、それなりに数字を稼げただろう。

05/09

ザ・インタープリター:B-

ニコール・キッドマンとショーン・ペンの共演を楽しむための映画。

06/07

宇宙戦争:B-

特撮場面はヤヤウケ。だが、登場人物の設定がイマイチ。

06/30

07/02(すでに観た人用)

容疑者 室井慎次:B-

今までの「踊る」シリーズと比べると、かなり地味だ。

08/29

ランド・オブ・ザ・デッド:B-

ただ恐がらせるだけの映画じゃないようだ。

08/31

ドミノ:B-

ショートカットのキーラ・ナイトレイが鼻血を垂らしながらタバコを吸うシーンがやたら印象的。

11/11

ハリー・ポッターと炎のゴブレット:B-

これは原作の主なシーンをビジュアル化した総集編だ。

11/20

親切なクムジャさん:B-

イ・ヨンエの演技はなかなか。だが、あまりにネチッコイところが好みじゃない。

11/25

SAYURI:B-

「不思議の国 JAPAN」を観たような気がする。

12/13


アレキサンダー:C+

スペクタクルは映画館向きだが、とにかく長すぎる。これは途中休憩しながら家で鑑賞した方がいいだろう。イッキに見るのは疲れる。

02/10

ロング・エンゲージメント:C+

【アメリ】の続編と勘違いしてはいけない。けっこうグロいシーンやエロいシーンもあるんだ。

03/18

逆境ナイン:C+

エンディング曲の「夢をあきらめないで」が妙に合ってる。

07/05

イントゥ・ザ・サン:C+

タランティーノの弟子が作った映画。

12/08

ディック&ジェーン 復讐は最高!:C+

この映画は、「エンロン事件」を知らないと半分しか楽しめないと思う。

12/25


レイクサイドマーダーケース:C

言いたいことはわかるが、セリフが多すぎる。

01/27

ブリジット・ジョーンズの日記/きれそうな私の12ヶ月:C

レニー・ゼルビガーがいくらなんでも太りすぎで、日本人が「かわいい」と思う範囲を通り越してる。

04/12

ハイド・アンド・シーク:C

ダコタ・ファニングを見たいなら【アップタウン・ガールズ】の方がいいかもしれない。

04/29

MAZE 南風:C

ちょっと作りが雑だった。見るべきものは手結港の風景と蟹江敬三の演技ぐらいかな。

11/16

あらしのよるに:C

この物語は本のままの方が良かったんじゃないかな?

12/14


レモニースケットの世にも不幸せな物語:C-

内容が子供向けで物足りなかった。これで泣ける人は滅多にいないだろう。

05/19

蝉しぐれ:C-

藤沢周平作品もこれで最後ですかね。

10/17

エリザベスタウン:C-

オーランド・ブルームのファン以外は見る価値がなさそう。

12/02

フォー・ブラザーズ:C-

レイザーラモンHGが「フォー!」と叫びながら出てくればもっと面白かったかもね。

12/03


ステルス:D

アメリカさん、あまりKの国を刺激しないでよ! 頼むから。

10/12

奇談:D

これは漫画のままの方がかえって面白かったかもしれない。

12/04


ブラザーズ・グリム:E

これは子供と一緒に楽しむような映画じゃないよ。題名にだまされちゃいけない。

12/09


オーシャンズ12:F

2時間以上まったく無意味な時間を過ごしてしまった。

01/28