楽天イーグルス

初戦で巨人に勝利

2005年2月26日

半年前、今日を予想した人はいないだろう。2004年8月14日にナベツネが巨人のオーナーを辞任したのを覚えているかな? その原因が今日先発した一場だった。そして今日、一場がオープン戦で150キロの速球を投げ込み、巨人に勝ったのである。

もし、半年前に今日の出来事を予言したら細木数子をブッ飛ばして占い界のスターだよ。「キミ、頭オカシイんじゃない?」と言われたかもしれないけどね。それぐらい現実離れしたことが起こったんだ。

過去に書いた野球コラムを読んでみると・・・8月中は「球団が減る」という見方が大勢を占めていた。楽天が名乗りを上げたのは9月になってからだから、半年前は影も形もなかったのだ。

しかし、去年8月の時点でも「書けないシナリオ」じゃなかった。

  1. ライブドアが手を挙げた。(ここまではわかっていた)
  2. 新球団は仙台に。(当然の成り行き)
  3. 楽天も手を挙げた。(これも十分考えられた)
  4. 楽天も仙台を候補地に。(当然の成り行き)
  5. 11球団よりは12球団の方が良い。(新球団承認へ)
  6. 一場は楽天が一位指名。(当然の成り行き)

この辺は予想の範囲内だった。ゼネラルマネージャーにマーティー・キーナート。監督が田尾安志というのは読めなかったけどね。