四国独立リーグ

チーム名決定

2005年1月29日

NHKニュース より

「独立リーグ」は、プロ野球・オリックス元監督の石毛宏典さんが代表を務める会社が運営し、四国4県の4つのチームがそれぞれ週に4試合、年間90試合を戦います。運営会社でリーグとチームの名称を募集した結果、リーグ名は「四国アイランドリーグ」に決まりました。また球団名はそれぞれ「愛媛マンダリンパイレーツ」「香川オリーブガイナーズ」「徳島インディゴソックス」「高知ファイティングドッグス」に決まりました。

インディゴは藍染めの「藍」。この名前の中ではインディゴソックスが一番まともかな。高知ファイティングドッグスねぇ。うーん、高知に行くとみなさん桂浜の竜馬像を見に行くのだが、そこに土佐闘犬センターという施設がある。ここは犬がワンワン吠えてウルサイの。近くに水族館もあって、いろんな動物のニオイが入り混じってるし、あまり土佐犬に良いイメージはないんだな。どう猛なだけでかわいくないし、ウルサイし、臭いし。

愛媛マンダリンパイレーツ。うーん、これもちょっと長いんだよな。愛媛と言えばポンジュースでしょ。愛媛ポンジュースでいいじゃない。ミカンは買わなくても道端にいっぱい転がってる。宇和島の方では坂道を転がるミカンを何度も見た。11月頃だったかな? コロコロコロコロと急傾斜をミカンが転がってくるんだ。

[産直愛媛]100%ポンジュース 1Lペットボトル×6本

香川はオリーブと言うより「うどん」「琴平」「屋島」「溜め池」が思い浮かぶ。球場はオリーブスタジアムだが、オリーブは小豆島の名産品なんだ。小豆島のオリーブは無農薬で育てられているから、茶葉としても人気があるらしい。なんでも肌の健康にイイのだとか・・・

オリーブ葉エキス末10g

オリーブ茶

世界の中心で、一日あそぶ(去年の春に書いた紀行文)

もう四国には10回も旅してるけどね、四国四県ってそれぞれが独立国みたいだよ。今はXハイウェイができたから行き来しやすいけど、昔はほとんど交流がなかったと思う。だから、それぞれが独自の文化を持ってるんだ。言葉もけっこう違うしね。

エックスハイウェイ

★四国の人が道で千円拾ったら?(アタシが「漁魔が行く」の中で紹介した県民性の違い)

香川県人:「こりゃラッキー」と、うどんを食べに行く。

愛媛県人:とりあえず貯金してみる。

徳島県人:ナンバーズ宝くじに投資する。

高知県人:拾った千円に自分の千円を足して飲みに行く。

これね、四国の人に訊くとだいたいその通りだって。野球は四県とも盛んで、特に愛媛県はどこの高校が甲子園に出てもおかしくないほどハイレベル。高知はほとんど明徳に決まりだけど、レギュラーはほとんど高知県出身じゃない。(この学校は全寮制じゃないが、ほとんどが寮生で地元の生徒は少ない)

とにかく四国に野球狂が多いことは確かだ。選手が地元出身者ならけっこうアツイ応援が期待できるんじゃないかな。甲子園に出損ねた選手が発掘されるかもしれないし、独立リーグの意味はあると思うよ。成功するかどうかはわからないけどね。