シークレット・ウィンドウ

西武ライオンズ優勝

2004年10月26日

きのうはジョニー・デップ主演のシークレット・ウィンドウを観に行った。日本シリーズの最終戦は『どうせ西武が勝つだろう』と思っていたから興味がなかったのだ。(アタシの予感は当たるなぁ・・・)

まずは日本シリーズの話から行こう。なぜアタシが西武優勝を予感したかというと・・・西武のピッチャー・石井貴に何か憑いているような気がしたからだ。シーズンでわずか1勝しかしていないピッチャーがダイエーとのプレーオフで活躍。そして中日との初戦でも大活躍。

『これは何か憑いてるぞ!』

そう思っても不思議じゃないでしょ。だから『西武の先発は石井貴で決まり!』と思っていたんだ。試合の方は案の定そうなって石井貴が好投。中日は先制されると弱いから、西武がリードを奪うと手の打ちようがなくなってしまった。

『まさに西武の思う壺!』

大辞林(国語辞典)より

「つぼ」は、博打(ばくち)でさいころを入れて振るもの。期待したとおりになること。

思う壺にはまる」「敵の思う壺だ」

日本シリーズのような短期決戦では、シーズンの成績なんてあてにならない。伊東監督も落合監督も監督としては1年目だが、伊東監督は同じ1年目でも落合監督とチョット違っていた。『シーズン中は冴えなかったが、石井貴はこういうときに何かやってくれる』・・・多分そういう予感があったのだろう。キャッチャーとして、ずぅーっと西武を引っぱってきた人だから“何か”を感じたのだ。

やはりキャッチャーを長年やってきた人は違う。勝負勘というのかな? 理論的には説明できない“何か”を感じる能力が身についているんだ。これはパチンコと同じだね。勝ち組のパターンには2通りしかない。まずひとつ目のパターンは、データを活用して理論的に高い勝率を挙げつづける人。そして二つ目のパターンは、冴えているときに大勝ち(連勝)して、冴えていないときの負け額(連敗)を最小限に留める勝ち方。

王監督、落合監督は手堅い理論派で、伊東監督はどちらかというと「勝負勘」に頼る人じゃないだろうか。パ・リーグのプレーオフと日本シリーズでは、そういう監督の違いが見られてチョット面白かった。

じゃあ、【シークレット・ウィンドウ】の話に進もう。

この映画は、まっとうな生活をしている人(毎朝キチンと起きて会社や学校に通っている人)には理解しにくいかもしれない。アタシみたいに、たとえ真っ昼間でも眠いときに寝て、夜中でもアイデアが閃いたら飛び起きる人なら、『こういうこと、ありうるな』と思えるんだけどね。時間感覚が麻痺しているから、この映画を見ても“不思議”と感じないんだよ。(見てない人は意味がわからないだろうが)

ジャンルはミステリーだから内容は言えない。言うとツマラナイから何も書かない。でも、最初に書いたように、毎日キチンとした生活を送っている人は「わけわかんない」のひと言で済んでしまうかもしれない。実際そういう人が映画館にいたんだ。

アタシは終盤までけっこうドキドキしながら楽しんでいたので評価は B の「普通に面白い」にしておく。だが、オススメってほどじゃない。おそらく普通に生活している人にとっては B- の「まあまあのレイトショー料金級」だと思う。ジョニー・デップのファンでない限りね。

見どころはジョニー・デップの表現力と、カメラワークと、編集。あらすじを簡単に書くと数行で終わっちゃうような物語だけど、技術的にはかなりハイレベルだと思う。これから観る人は是非タバコに注目しよう。WinstonPALL MALL [pe´l me´l](ペルメル)が小道具として出てくるよ。タバコが出てきたら目を皿のようにして画面に注目してね。そうすると「わけがわかる」から。(特に日本の女性はタバコの銘柄に疎いだろう。この2銘柄の違いがわかってないと、映画の設定がチンプンカンプンになるかもしれない)