ツイステッド

サンフランシスコの街

2004年10月19日

ほとんど予備知識なしでツイステッドというサスペンス映画を観てきた。この映画、冒頭シーンがなかなかイイ。巨大な橋をバックにペリカンの群が飛んでいき、その群を追ってカメラがゆっくりパンするのだ。(註:パンニング

海上から見た大都会の風景。工業地帯が東京湾に似ているが、どちらかというと東京湾の方が近代的で活気を感じる。湾を取り囲むビル群がちょっと古臭いのだ。出演者の紹介が終わると、ゆっくりペリカンがビルの向こうに飛び去っていく。続いてカメラは入り江に入り、アシカの群を映す。

舞台はサンフランシスコだった。アタシはアメリカ西海岸というとロサンゼルス、シアトル、ポートランド、バンクーバーの空港を利用したことがあるが、サンフランシスコにはまだ行ったことがない。これまでに観た映画の印象だと、坂道・路面電車・カーチェイスというのがお決まりのパターンだが・・・

おおっ! ちょっと最初の方はエロいねー』(ワクワク、ワクワク)

主人公のアシュレイ・ジャッドは女性捜査官ジェシカを演じる。ジェシカは強い酒をがぶ飲みしたり、酒場で男を引っかけたりするアブナイ刑事だ。正気なのか自暴自棄なのか、よくわからないが、案外日本の女性にもこういう欲求があるかもしれない。きっと女性もワクワクするだろう。

おお、ロケ地はサンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地・パシフィック・ベルパークじゃないか! それも、バリー・ボンズが特大ホームラン(スプラッシュ・ヒット)を叩き込む入り江の方から球場を映している。これは大リーグファン必見の映画かもよ。こんなカメラアングル、ちょっと他ではお目にかかれないぞ。

リンクしたページを見てちょうだい。パシフィック・ベルパークとサンフランシスコについて面白い記述がある。この球場はいびつな恰好をしていて、ライトのフェンスの向こうが海(入り江)になっているんだ。2000年にできたばかりだが、歴史を感じさせるような造りで、左打者に有利なレイアウトになっている。

『金門橋を挟んで対岸がオークランドなのかな?』

ということは、サンフランシスコが川崎、オークランドが木更津、金門橋が東京湾アクアラインという位置関係か? ちょっと調べてみよう。

サンフランシスコ

あや、あやややや・・・違うぞ。冒頭シーンで見た橋は確かに金門橋だが、ボールパークの近くにある橋はベイブリッジという別の橋だ。それからアシカだと思っていたのはフィッシャーマンズワーフで餌付けされているトドなんだって。ちょっと行ってみたくなるねー、サンフランシスコ。映画を観ると警官さえ信用できないアブナイ街という気がするが、観るべきモノはたくさんありそうだ。

ハイ・クライムズ 特別編(期間限定)20世紀FOX1枚買ったら1枚タダキャンペーン

アシュレイ・ジャッド主演「ハイクライムズ」

ここで映画の話に戻るが、アシュレイ・ジャッドってサスペンスの女王なんだね。過去もサスペンス映画ばかり出演してるみたいよ。とてもクールでショートカットがよく似合う美人だから他の作品も観てみたくなった。

Amazon.co.jpアソシエイト97分という上映時間はちょうどイイ。終盤まで犯人がわからない仕掛けになっているからけっこう面白いよ。だけどオチのつけ方がねー、うーん、問題はそこかな。これ以上言えないけど、二人で観ればいろいろ話題ができてイイかもしれない。少なくとも途中で飽きるようなことはないだろう。だから評価は B にしておく。デートムービーにヨシッ!(ヨシって・・・かなり無責任かも。ふたりの仲がどうなってもシーラナイ)

ストーリーは言えないが、映画の終盤に「ある薬の名前」が出てくるんだ。その薬については過去に書いたことがあるので、このペースであと9ページ読む気があるなら読んでごらん。これを読んでから【ツイステッド】を観ればすべて理解できるだろう。薬に関する知識がないと、謎解きが理解できないかもしれないんだ。(アタシは実感として理解できた)

Gussulin

この話は東北へ渓流釣りに行ったときの話だが、終盤にトンデモナイ事件が起こる。釣りのことがまったくわからない人でも、きっと楽しめるだろう。