日本シリーズ第一戦

西武がエライことに

2004年10月17日

きのうの日本シリーズは審判のミスでえらく長引いた。まったくもう、しょーもない審判だ。アタシはそのおかげで、すっかり TBS に釘付けになってしまったよ。きょうインターネットテレビガイドで確認してみたら、日本シリーズのあとも TBS の番組を見続けていたことが判明した。

みなさんもこういう経験があるんじゃないかな? あまりにも長くひとつのチャンネルを見続けていると、リモコンに手が伸びなくなってしまうんだ。これはおそらくテレビが BGM 化して、他のことに集中しはじめるからだろう。

じゃあ、きょうはまず日本シリーズの話から行こうかね。きのうの試合では49分という長い中断があったが、これは日本シリーズ史上2番目に長い中断だったそうだ。

『1番目は多分・・・あれだな』

アタシはヤクルト対阪急の日本シリーズを思い出した。既に故人だが、ヤクルトの大杉選手が放ったレフトポール際の大飛球を巡ってホームランかファウルかで大もめしたことがあったのだ。判定はホームランだったが、ボールが落ちたのはファウルゾーン。阪急の上田監督は守備についていた選手を全員ベンチに戻して猛抗議した。確か1時間ぐらい抗議が続いたと思う。チョット検索してみよう。

伝説のプレーヤー > 大杉勝男

このページに大杉選手の活躍がいろいろ書いてある。とても面白いので野球ファンのみなさんは是非読んでちょうだい。あのとき(1978年10月22日)の猛抗議は1時間19分も続いたんだね。一時は没収試合になるかと思うほど強硬な抗議だったよ。

Wikipedia より

放棄(没収)試合

放棄試合(ほうきじあい)とは、野球・ソフトボール等の試合において何らかのトラブルが発生し事態の収拾が付かない場合や人数不足となった場合に、そのトラブルの元となったチームを敗戦扱いにする制度。没収試合(ぼっしゅうじあい)とも言う。

ところで、プロ野球再編問題はどうなるんだろう。西武も大変なことになってしまった。西武ファンの中には日本シリーズどころじゃない人もいるはずだ。西武の株を持っていたら大損だよ。

infoseek マネー > 日本株 > 西武鉄道

西武鉄道の事件は株式市場全体の信頼を失墜させかねない。でも、堤さんが最近までこの事実を知らなかったというのは本当だろう。西武グループにとって堤さんは天皇のような存在でしょ。風通しの悪い会社だからこういうことが起こってしまうんだ。

株を持ってない貧乏ファンは大丈夫だけど、埼玉に住んでいる悠々世代の投資家はたまらんぞ。この問題はきっと西武ライオンズの人気低下に直結するだろう。西武球場の年間シートなんて売れなくなるね。となると、さらに球団の赤字が拡大するわけで、西武も球団を保有し続けられるかどうか非常に怪しい。

来シーズンはいったいどんな形でスタートするのだろう? ライブドアにはチャンスなしかと思っていたが、ひょっとするとライブドアが仙台ということになるかもしれない。アタシの希望としては、福岡楽天ホークスの方がベターだから仙台はライブドアにくれてやってほしい。

仙台ライブドアーズ