スウィングガールズの感想

ジャズもたまにはいぐね?

2004年9月16日

ウォーターボーイズ スタンダード・エディション誰ですか、こんなクダラナイことを考えるのは? 矢口史靖カントク? 知らねーなー。カントクの紹介に載ってる「ウォーターボーイズ」ってのは聞いたことがあるけど、アタシャ見てないしなー。

しかし・・・あまりにもクダラナ過ぎて面白いじゃないですか!

この話はギャグがなかなか面白い。イノシシのシーンとか、自転車のシーンとか・・・たぶん観客全員笑ったんじゃないかな? 普通はどこかにシラケた人がいるものだけど観客席に一体感があった。おかしいところはみんなで笑い、最後の演奏会シーンでは、みんな体でリズムを取ってたね。

ロケ地もイイ。山形県の米沢あたりだろうか? アタシは秋田に住んだことがあるので、一瞬『秋田の南部かな?』と思ったけど、すぐに山形だとわかった。でも、しゃべっている言葉は庄内弁じゃない。同じ山形県でも米沢と酒田じゃ言葉が違うんだ。

カントクのコメント より

映画館を出たら必ず音楽をやりたくなっちゃう。そんな映画を目指しました。

うーん、カントクの狙いは大成功したと思うよ。生徒たちはオーディションで選ばれたんだけど、音楽の素質はあまり考慮されなかったらしい。だから集まったときは本当に楽器を鳴らすこともできない状態だったのだ。ところが・・・

おっと、練習の成果は映画を観てね。吹き替えなしでやったとは思えないよ。誰でも1年練習すればあそこまでできるようになるのだろうか? だとすればアタシもやってみたくなる。音楽に興味のない生徒たちがビッグバンドジャズをやりはじめるところはやや強引。だけど、その辺は爆笑ギャグでうまく誤魔化してるんだ。ちょい役の一言でも館内爆笑!

そのままギャグ漫画のように終わるのかと思うとそうじゃない。最後は大いに盛り上がって、観ていた人達はみんな楽しそうに帰っていった。アタシも含めて観客の満足度は相当高いね。個人的には最近観たハリウッドの大作【ヴァン・ヘルシング】より気に入ったよ。ラストの演奏会シーンでは思わず「おおぉー!」っと唸ってしまったほどだ。

「終わりよければすべてよし」って言うでしょ。ホントにこの映画はそんなカンジ。特撮や吹き替えに頼らない映画っていいよね。ちょっとチープなカンジがするけど、最後でかなり感動したから評価を A- にしておこう。

●オリジナル・サウンドトラック「SWING GIRLS」CD(2004/8/21)

スウィングガールズ オリジナル・サウンドトラック