長嶋監督はセコムしてません

アミールSもサボってました

2004年3月11日

長嶋監督はカルピスの乳酸菌飲料アミールSのCMに出ていた。これは厚生労働大臣が許可する特別用途食品の中のひとつで「特定保健用食品」の表示を許可されている商品だ。

詳しい説明を読んでみると、アミールSはコレステロールの調節にかかわる成分として大豆たんぱく質、ペプチド類、キトサン、低分子化アルギン酸ナトリウムなどを含んでいるらしい。ということは、これを毎日CM通りに飲んでいれば脳血栓で入院という事態は避けられたのではないだろうか。

アミールS(24本入)

何が言いたいかというと・・・長嶋監督はアミールSをTVの視聴者に薦める広告塔でありながら、自身は愛飲していなかったのではないか・・・ということである。

未確認情報だが、長嶋監督の家は「セコムしてません」という情報をアタシは入手している。これは、セコム以外の警備保障会社の人から聞いた話なので、ここだけの話にしてもらいたい。つまり、引用しちゃダメってことだ。そこんとこよろしく。

オイニー事件

その人の話によると、長嶋家は確かに「セコムしていた」時期がある。でも、あるとき長嶋家のアラームが作動して、セコムの警備員と長嶋さんが鉢合わせするという事件が起こった。

「誰だ!」(長嶋)

「セコムです。アラームが作動したので」

これだけなら問題なかった。ところが、警備員が靴を脱いで畳の部屋に上がり込んでいたのが大問題だったらしい。なんと、その警備員の足が異様に臭かったらしいんだな。おそらく警備員の足が殺人的なオイニーを放っていたのだろう。

どうやら長嶋監督が警備員の足のオイニーに怒ってセコムを切ってしまったというのが真相らしい。この話はウソみたいだが、こんなバカバカしいウソを考えるヤツの気が知れないので、おそらくホントだと思う。そう言えば長嶋監督の家に包丁を持った男が侵入したことがあった。

スポニチ2002年8月8日 より

「三奈に会わせろ!」長嶋氏宅に刃物男

犯人は気の弱い男だったので、お手伝いさんに騒がれて逃げ出したらしい。しかし、侵入の目的が「長嶋三奈さんに会いたかった」というのがチョット信じられない。三奈さんは特別美人じゃないと思うけど…。リンクした記事には「防犯システムはスイッチ切れ?」と書いてあるが、実はオイニー事件のせいでスイッチが切られていたのだと思う。(それぐらい殺人的なオイニーだったということ?)

要するに、長嶋さんは忘れっぽくて義理もすぐに忘れるってことだよ。ほら、息子の一茂を後楽園へ連れて行ったことをコロッと忘れて、ひとりで帰ってきた話を皆さんも知ってるでしょ。だから、アミールSも毎日は飲んでなかったと思うんだ。

面白いよな。セコムの場合はセコムを切っちゃった理由を公表できない。しかし、アミールSの場合は不義理していたことをむしろ公表してもらった方がありがたいだろう。アタシャ『カルピスも大変だなぁ』と思ったぞ。

アミールSハンディタブ 12粒入り

アミールSにはタブレットもある。